看護師

あらゆる治療がある

不妊治療にかかる総費用

看護師

一般的に言われていることに、不妊治療にかかる総費用は出産年齢が高齢化するに連れて高くなります。 これはやはり年齢が若い時のほうが妊娠しやすいカラダであるということもあって不妊治療にかかる費用も相対的に安くなります。不妊治療にかかる費用は高額なので、政府は少子化対策の一環として補助金を出しています。 ただ補助金についても費用には年齢制限が設けられていますが、これは出産可能な年齢を過ぎると妊娠の可能性が格段に低下してしまうことからしかたのないことだとわかるのです。不妊治療はお金がかかるという世間一般の定説は間違ってはいません。何故ならば妊娠するまで費用がかかることからどうしても費用が高くなってしまいます。

不妊治療の歴史

我が国の不妊治療の歴史は浅く、1949年にはじめて国内で人工授精が行われて赤ちゃんが誕生したことがはじめての不妊治療でした。 その後、体外受精や顕微鏡による受精など様々な方法が不妊治療として開発されるようになりましたが、どれも治療費が高額であり、保険の対象にはなっていません。 ただ、不妊に悩むカップルのために様々な不妊治療の方法が開発されたことによって活路が見いだされることとなりました。近年途上国で増えており、社会問題化している不妊治療には、代理母という方法があります。体外受精によって受精卵を形成したものを、代理で出産する女性の子宮に着床させる方法です。先日、タイでは代理母制度が正式に禁止されました。

Copyright ©2015 体外受精や不妊治療で妊娠する│BYE不妊WELCOMEベイビー All Rights Reserved.