看護師

治療の種類で変わってくる

不妊治療にかかる費用

看護師

一般的に言われているように、不妊治療にかかる費用というのは高額です。特に高齢出産に慣ればなるほど費用は高額になる傾向があることを念頭に置いて早めの治療を開始することが鍵となります。 政府は少子化対策の一環として不妊治療にかかる費用に補助金を出しています。ただ、妊娠可能な年齢を考慮してこの支援を受けられる年齢は42歳までと決まっているのでその年令の間に受けられる支援を受けることが好ましいです。 不妊治療に関しては補助金を受けられる治療方法と受けられないものがあります。体外受精や人工授精については不妊治療の補助金の対象外となってしまうことから、どうしても費用が高額になってしまうことは避ける事ができないです。

不妊治療にかかる費用の助成制度について

不妊治療といっても、1回の治療で必ず妊娠できるとは限らず、どの段階の不妊治療までやることになるのか、何回治療を繰り返すのか、という問題にも直面します。この段階の治療にかかる費用は、1回1万円から2万円程度ですが、何度も繰り返すと、1回30万円ほどかかる体外受精をするような費用の負担になります。 不妊治療の費用を都道府県で助成していますが、そのほとんどは体外受精以降の高度生殖医療に要した費用の一部を助成するという内容です。 ですが、自治体によっては、排卵誘発法からの費用を助成するところもあります。あらかじめ各市町村の不妊治療助成制度を調べ、もし仕事の都合などで、助成制度が手厚い自治体に居住することができるのであれば、そこに住むことも考えるといいと思います。

Copyright ©2015 体外受精や不妊治療で妊娠する│BYE不妊WELCOMEベイビー All Rights Reserved.