医者

時間との戦いになる

高齢での不妊は時間との戦い

医者

不妊は、自然妊娠が6か月できなかったら、婦人科にかかる必要があると言われていますが、特に高齢不妊の場合には、卵子が年々老いていきますので、早めの受診が必要となります。 まずはタイミング法を行う場合が多いですが、高齢の場合には即、人工授精、体外受精を視野に入れた不妊治療が行われることになります。卵子の老化も大きな要因ですが、卵巣や卵管、子宮に問題のあるケースもあり、まずは卵管通水検査や子宮内視鏡など諸々の検査を行うことになります。女性の側だけでなく、男性の側に問題がある場合も半分の確率で起こると言われていますので、精子の検査も欠かせません。 一般的に40歳を超えた高齢で不妊となると、妊娠する確率が大きく低下するとの統計もありますが、高齢出産も珍しくない時代ですので、前向きに考えていきましょう。

高齢になると不妊になりやすい

初婚の年齢も年々高くなっており、30代を過ぎてから結婚する人の数がずいぶん増えてきました。それゆえ第一子を授かる年齢も高齢になってきています。結婚すれば誰でも子供を授かるものだと漠然と考えがちですが、実はそうではないのです。欲しくてもなかなか子供に恵まれない夫婦がわりと多くいるのです。 不妊は女性側に原因があると思われがちですが、実際半分は男性側に原因があると言われています。 中には病気によりできにくい体質だったり、生涯不妊を宣告されている方もいますが、ほとんどの場合原因が定かではないそうです。ただ女性の場合は高齢になると卵子の質や数が低下し、妊娠につながらないケースがけっこうあるそうです。男性も高齢になればやはり精子の運動率や数が低下し不妊の原因を作ってしまうそうです。

あらゆる治療がある

看護師

不妊治療は、高齢になればなるほど治療費も高くなると言われているので、できるだけ早めに治療へとりかかることが大切です。基本的に治療費も高くなるので、補助金制度などを利用しながら治療を進めるのが良いでしょう。

Read More...

イチオシリンク集

  • 葉酸サプリランキング

    葉酸なら妊娠でも気軽に利用できるサプリを選びたいと感じるでしょう。それならこちらを拝見してみるといいです。
  • ラポール治療院

    元気な赤ちゃんが欲しいならこちら。不妊なら鍼灸院に足を運んでみましょう。悩みに合わせた治療をしてくれますよ。

補助金を出して対策をする

看護師

晩婚化が進む現代、不妊という問題が増え、不妊治療を受ける方も少なくない時代となりました。妊娠ができないという時は女性のみならず男性にも原因がある場合があるので、夫婦で検査に行くことが大切です。

Read More...

治療の種類で変わってくる

看護師

不妊治療にかかる費用は、治療の段階によって違います。不妊の原因の程度が軽度であれば、タイミング法や排卵誘発法、それでも妊娠に至らなければ人工授精にステップアップします。

Read More...

Copyright ©2015 体外受精や不妊治療で妊娠する│BYE不妊WELCOMEベイビー All Rights Reserved.